家庭用の蒸留水器 ディディミ(didimi) | ピュアウォーター > 蒸留水器 ディディミのアフターサービス

蒸留器の予算はいくら?


科学の実験法では蒸留水を利用することが求められるケースが多いため、このような実験を行う場所では蒸留器を利用することが少なくありません。その一方で近年ではElix純水装置と呼ばれる、手軽に純水を作り出すことができるものも開発されており、こちらの方が非常に効率が良いと言われることも多くなっています。Elix純水装置はRO膜と呼ばれる特殊なろ過装置を利用して水道水を濾過して様々な不純物を取り除く方法となっており、効率的に不純物を取り除いた形での純粋を出ることができるのが特徴です。そのため水道水から純水を生成する場合にかかる費用が大幅に削減できるのか、その工程も簡略化することができるのがポイントです。

これまで不純物のない水を生み出すためには、水道水に熱を加えた蒸留法が非常に一般的なものとなっていました。これは水道水を沸騰させることで水蒸気として気化させ、これを集めて再度冷却することで不純物の含まれない水を得る方法となっています。水蒸気になった状態で様々な不純物が取り除かれ、純粋な水の成分だけが水蒸気化するのでこれを集めて再度冷やすことで純粋な水が得られると言う仕組みですが、そのための様々な費用がかかることがわかっているため、Elix純水装置の方がコストがかからずに効率的な方法と考えられているのです。

上記を利用する場合の費用は様々な環境によっても異なりますが、1日に20リットルの水を使用すると仮定した場合、単純計算で蒸留器を利用した場合には1年間の電気代と水道代を合わせて102,000円程度にも上ることがわかっています。一方、Elix純水装置では同じように1年間の電気代と水道代を合わせた費用が14,000円程度と非常に少なくなるのです。

その理由は蒸留器を利用した場合には水を沸騰し水蒸気を作るために必要な加熱に関する電気代や、さらに水蒸気を冷やすための水が必要になることからこの水道代なども含まれてしまうことになるためです。Elix純水装置では圧力をかけてRO膜を通過させる際に圧力器にかかる電気代だけですむことから、非常に効果的な方法となっているのです。

蒸留器を導入する際には本体を購入する費用のほかにこれらの維持費を十分に考慮しなければなりません。水道代や電気代は利用する回数や必要な蒸留水の量によっても変わるため、単純に比較することができませんが1年間で10万円以上となるため、この点を考慮したうえで利用することが必要です。

本体の修理につきましては、メーカーにて直接対応となります。当店では受付しておりません。



家庭用蒸留水器ディディミのご注文

安全なお水を探している方におすすめしている蒸留水器です。

日ごろから美味しいお水を探している方へ。蒸留水器ディディミはトップクラスの純粋度だから安全でおいしいお水を作り出すことができます。


お買い物ガイド

お買い物ガイド