家庭用の蒸留水器 ディディミ(didimi) | ピュアウォーター > 蒸留水器 ディディミのアフターサービス

4種類の精製水の違いとは?


精製水とは、水道水や地下水などの原水に蒸留やろ過などの処理を行って、不純物を除去した水のことを指します。現在は、ドラッグストアや通販サイトなどで手軽に購入できるようになっていますが、一口に精製水と言っても、精製方法によって大きく蒸留水・イオン交換水・RO水・超純水の4種類に分けられます。

 

蒸留水とは、蒸留という方法で不純物を取り除いた水のことです。原水を沸騰させて発生した水蒸気を冷却することで精製された純度の高い水で、微生物のエサとなる有機物も除去されるため、腐りにくいという特徴があります。また、飲料水として利用される以外にも、コンタクトレンズの洗浄液や、医療器具や化学実験器具などの洗浄液、薬剤の希釈液などに使用されていますが、近年は家庭用の蒸留水器も販売されているため、家庭内で手軽に蒸留水が作れるようになっています。

 

イオン交換水とは、イオン交換樹脂というろ過材に原水を通過させることで精製された水のことです。イオン交換樹脂は、水中のイオン成分を吸着して、その代わりに自身が持つイオン成分を水中に排出するという性質があり、家庭用の浄水器のろ過材として普及しています。水道水に含まれるナトリウムやカルシウムなどの陽イオンと、塩素や炭素などの陰イオンを吸着して、その代わりに水素イオンと水酸化物イオンを排出し、それらが結合することで水になります。このように、イオン交換樹脂を使用することで、原水に含まれるイオン成分を除去して純度の高い水を精製できますが、原水に含まれる有機物までは除去できません。

 

RO水とは、RO膜(逆浸透膜)でろ過した水のことです。RO膜は、0.0001ミクロンという超微細な穴が空いており、原水に圧力をかけてRO膜を通過させることで、他の精製方法では除去しきれないような微小な不純物やウィルスなども除去することができます。RO水は、主に蒸留水や超純水の前処理として精製されていますが、現在はウォーターサーバーでもRO膜が利用されています。

 

超純水は、イオン交換樹脂などを用いて不純物を取り除き、限りなく純粋な水に近づけた高純度の水のことです。蒸留水やイオン交換水、RO水は、純水と呼ばれる純度の高い水ですが、この中で不純物が一切含まれない純粋な水に近いものが超純水と呼ばれます。また、超純水は半導体の製造過程や、医療や工業などの分野で精密機器の洗浄水などの用途で利用されています。

 

このように、一口に精製水と言っても製造方法によって大きく4種類に分けられます。これら4種類の精製水は、それぞれ特徴が異なるため、用途に応じて適切なものを選ぶことが大切です。



家庭用蒸留水器ディディミのご注文

安全なお水を探している方におすすめしている蒸留水器です。

日ごろから美味しいお水を探している方へ。蒸留水器ディディミはトップクラスの純粋度だから安全でおいしいお水を作り出すことができます。


お買い物ガイド

お買い物ガイド